FC2ブログ

プロフィール

kaori

Author:kaori
 
大阪府堺市にて

アルク Kiddy CAT英語教室
 堺百舌鳥校

を主宰しています。

留学、海外滞在の経験なく
英語を習得しました。

日本に住む子ども達にも日
本にいながら英語を習得し
てもらいたい☆

そんな思いから、自分の経
験を活かして、子ども達へ
の指導をさせていただいて
います。

3人の娘息子たちもそれぞ
れに英語に奮闘中です。(^^ゞ

当教室へのお問い合わせは
こちらまで。

電話: 080-1493-1317


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


昨日は、日本に住む外国人に
日本語を指導するヴォランティアに
行ってきました。

普段話している日本語なのに、
日本語の指導は、変に緊張します。

私たちの話し言葉は、
外国人の方々には、テキストと
違いすぎて難しいですしね。


 分かりやすい日本語を話す。

 分かりやすい言葉で説明する。

しかもレベルに合った日本語で、
レッスンをしなければいけないのです。


普通の速さで話そうとしても
ついつい、ゆっくりはっきりと
日本語を話してしまいます。 (^^ゞ


ネイティブイングリッシュ講師が
日本人に英語を指導するときに、
ゆっくりとはっきりと話してしまう
のと同じですね。


そう言えば、私の英語教室で
英語を学ぶ子ども達は、
英語をゆっくりと話さなくても、
それなりについてきます。

英語が初めてというお子さんでも、
2、3ヶ月で、そこそこ、英語の音
に慣れてくるのですから、
子どもの耳、子どもの順応力は
すごいですね。 ( ̄0 ̄;
昨日は、以前から興味があった
日本語教室のヴォランティア
活動を見学に行ってきました。

英語指導の参考になることも
あると思うし…。 (^^ゞ


見学させていただいた日本語教室
のヴォランティア団体さんは、
公民館の1室で活動されています。

何人かの日本人ヴォランティアさんと
何人かのアジア系を中心とした
外国人生徒さんたちが

 1(日本人):1(生徒)

もしくは

 1(日本人):2(生徒)

でレッスンをされていました。


昨日は、その内の上級者2人に
指導をされているところを見学
させていただきました。

敬語のうち、尊敬語の復習と
謙譲語の練習問題をされている
ところでした。


2時間の活動内で、
最後の30分くらい でしょうか…。


 「やってみられますか?」

と、少し日本語の指導を
させていただきました。 (^^;

生徒さんは、中国から来られた
お二人です。

敬語って、私たち日本人でも
難しいですよね。

真剣に学ぶ生徒さんの姿勢に
私も刺激を受けました。
(∇〃)。o〇


日本語教師の勉強もしたこともあり、
興味があったことなので、早速、
ヴォランティア団体さんに入会を
させていただくことに決めました。

無償のヴォランティアといえど ((^^;)
英語指導と同じく、できる日本語教師
を目指して、がんばりたいと思います。 
o( ̄^ ̄)o


そう言えば、二人の中国人さんの内、
一人は英語を少し話されていましたよ。

英語が話せると、
母国語が英語ではない人たちとも
コミュニケーションができるので、
いいですね♪
これも

 『月刊日本語』

という月刊誌の9月号にありました。


 『来月、異動になる』

この表現も間違いだそうです。 (^^;


『行為を表す名詞』+「になる」
とするのは、日本語の文法的に間違い。


「○○になる」

は、○○でない【状態】から
○○の【状態】への変化を表すので、
『行為を表す名詞』は付かない
ということだそう。

「運動」「読書」などの『行為を表す名詞』が、
「運動になる」「読書になる」とならないのと
同じだそうです。


でも、『異動になる』

使ってるますよねー。


気を付けましょう。 (^^*


正確には、

 『来月、異動します。』

かな。 (^^ゞ


日本語は難しい。 (∇〃)。
今日は、日本語について。


『月刊日本語』という月刊誌の9月号
にありました。


日本語の

「小言(苦言)を言う」は、不適切。


みなさま、無意識に使っていませんか?


私は、お恥ずかしいですが、

 「小言を言う」

は、使っていたかも…。 (〃∇〃)


正確には、

 「小言を並べる」

 「苦言を呈する」

だそうです。


「小言(苦言)を言う」
 ↑
「小言(苦言)」どちらにも「言」が
 含まれています。

「言う」を使うと、同じ言葉を繰り返す
ことになり、日本語の文法的に
不適切になるのです。


日本語って、難しいですよね。 (^^ゞ


気を付けましょう。


その前に、

 「苦言」

これ読めますか?


「くげん」

と読みますが、
私は、使ったことがありません。 (^^;

『ご苦労さま』

この言葉の使い方を間違っている人が
多いことに気付きます。


『ご苦労さま』は、
  一般に目上の人が目下の人にかける言葉です。


いろんな役をいろんなところでしていると

 『ご苦労さま』

 『ご苦労さまでした』

と、声を掛けられることがあります。


そんな時、いつも

 「ん!?私はあなたより格下?」

と、思ったりすることも…。 (^^;


迷ったときには

 『お疲れさま』

 『お疲れさまでした。』

の方を使っている方が間違いがないかも
しれませんね。


こんなことを考えてしまうのは、
やっぱり英語と日本語の二つの言葉の
違いを知っているからかもしれません。


よく

「日本語もきちんと話せないのに英語なんて早い」

なんてことを耳にしますが、
日本語をきんちと話せている日本人って
少ないですよ。

きちんとした日本語を話せるようになる
のを待っていたら、いつになるのやら…。
ε-(^^;


『英語を学ぶこと』は、意外と
『日本語を学ぶこと』にも通じるんです。


『他国に興味を持つ、他国の文化に興味を持つこと』
は、意外と、
『自国に興味を持つ、自国の文化に興味を持つこと』
にも通じるんですよ。

««BACK  | BLOG TOP |