FC2ブログ

プロフィール

kaori

Author:kaori
 
大阪府堺市にて

アルク Kiddy CAT英語教室
 Merry English School

を主宰しています。

留学、海外滞在の経験なく
英語を習得しました。

日本に住む子ども達にも日
本にいながら英語を習得し
てもらいたい☆

そんな思いから、自分の経
験を活かして、子ども達へ
の指導をさせていただいて
います。

3人の娘息子たちもそれぞ
れに英語に奮闘中です。(^^ゞ

当教室へのお問い合わせは
こちらまで。

電話: 080-1493-1317


最新記事


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


質問

時折、保護者の方からこんな言葉を
聞くことがあります。


 「うちの子、ホントに分かって
  いるんでしょうか?」

 「家では、ほとんど英語を
  言わなくって…。」

 「英語、しゃべれてるんですか?」

 「レッスンで何をした?と聞いても
  覚えてないことが多くって…。」

 「教材(のDVD)に飽きて
  付けてもあまり見ないんです。」

 「言っても、あまりDVDを
  付けないんです。」


お子さまの英語習熟度。
気になりますよね。

私も子どもを持つ親として
そのお気持ち、よく分かります。


特に、英語に関しては、
英検や児童英検などの試験に
合格するのと、英会話力とは
必ずしも一致しないところが
判断の難しいところです。

ここは、他の習い事と
大きく異なるところかと
思います。


また、英語となると、
中学から必須の主要科目
だからでしょうか。

 【お勉強】

と勘違いされるところも
大きな特徴です。


以前にもお伝えしましたが、

英語は、
 【お勉強】というよりも
 【習い事】に近いものです。

 【お勉強】というよりも
 【スポーツ】に近いものです。


毎日のリスニング練習的な
英語教材を耳にする時間は必要
ですし、できれば真似っこをしての
口頭練習もして欲しいくらいです。


ここで今一度、子どもの英語
に関しての位置付けを明確に
していただけたらと思います。


上記の保護者の方からの
お言葉には、お聞きした時に
直接お答えをしましたが、
みなさま、同じようなことに
疑問を抱かれているかと思います。

明日からは、順次、ここで再度、
お答えしていきたいと思います♪ (^^*

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2011/08/28 06:40 | 英検1級試験合格マニュアル | 門外不出の【英検1級一発合格法】をすべて教えます! 英語業界の第一人者として32年間延べ2万人以上に、英検・TOEIC・通訳ガイドを指導してきた近畿大学教授が英検1級試験に合格できる勉強法をお伝えします。

 | BLOG TOP |